やっと付き合えた!大好きな彼氏を逃がさないメール術

やっと付き合えた!大好きな彼氏を逃がさないメール術について。

好きな人ができ、あの手この手をつくして
彼氏をゲットしたあなた。
念願かなってやっと付き合うことができた!とっても幸せ!
一緒にデートに行って、旅行に行って、
あ、おしゃれにも気を使わなきゃ、それからそれから…

楽しみなことはたくさんあるけど、
案外、気を抜きがちなのが「メール」のやり取りです。

かくいう筆者もメールのやり取りがうまくいかなくて
破局してしまったことがありました。
そんな筆者が学んだメールのやり取りの上で一番大切なこと…

それは

「頻度を合わせる」ことです!!

一日に一回?十回?数週間に一回で十分?
メールの頻度は人それぞれです。

よくやってしまいがちな以下の例。
あなたにも見覚えがありませんか?
(というか、筆者は見に覚えがありまくりです。)

「仕事終わった?メールこなくて寂しいよ~;;」
「メールの回数多すぎ!ちょっと控えて…」
「メールするのめんどくさいな…明日でいいや」

自分が考えている「ちょうどいい」と
相手の考えている「ちょうどいい」が同じとは限りませんよね。
これが案外ストレスになるんだと仲のいい男友達数人から聞きました。
そうだったのか!

決して、愛が覚めたとか、愛が重すぎるとか、
相手とのバランスがおかしいというわけではないんです。
ただ、今まで友人とやりとりしてきたノリとか、その日の気分とかに
結構左右されてしまって、メールの頻度が変わってしまうのです。

メールってある種の拘束力がありますよね。
メールが来たから返さなきゃ…そろそろ連絡とっておこうかな…
そういう気遣いを四六時中しなきゃいけないとなると
結構なストレスになるんだそうです。
それで別れたというカップルもちらほら聞きます。

頻度が違うのはお互い様…だけど、忘れてはならないのは男子と女子の差。

女子って、よく女友達と日常的にメールのやりとりしてませんか?
あそこのカフェがいい雰囲気だったとか、今度遊ぼうとか、
なんなら、全然用件ないのに「暇ーかまってー」とか…

一方男子はそのような人は少数派。
私の彼氏は、10年ぶりに会いたいと思った友達に
直電話!「もしもし~あ、明日どう?OK。じゃああの場所で」

そんなもので通じちゃうんですね。
女子ならメールで、数十回やり取りするところを、です。

それが、彼氏彼女になったならば、
彼女側は数あるメールの相手が1人増えただけですけど、
彼氏側は、今までメールしてなかった「0」が「1」になってしまうのです!
これはすごいギャップです。彼氏にコントロールをお願いするのは結構大変なのかも。

メールの頻度が違うのはお互い様だけれども、
思いやりをもってコントロールできる彼女は素敵だと思いませんか?
余裕があれば、ぜひ気にしてみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする