日本の男性90%以上が体臭を発生している

体臭は自分で気づきにくいですが、知らないうちに周囲に不快を与えている可能性があります。
基本的に日本人は体臭が弱いと言われています。

しかし最近、日本の男性90%以上が体臭を発生していることが研究結果で分かっています。
人により度合いは異なりますが、男性と密着したときに臭うと感じる人が54%にも上っています。

体臭が臭いと、接する相手に不快な気持ちを与えてしまいます。
ビジネスマンの間でも「スメルハラスメント」という言葉が話題になるほど、マナーとしても注目されています。

体臭の原因は汗や皮脂、雑菌などにより発生するものです。
発生する身体の部位によって、体臭も変わってきます。

特に発生しやすい「ワキ」のケアは入念に行っていきたいところ。
そこで常に持っておきたいのが「制汗剤」です。

汗を放置しておくと、雑菌が繁殖しやすい環境に陥ります。
さらに体臭がひどくなりますので、汗を拭きとり制汗剤を使用しましょう。

つけた後、しっかり乾燥させるとより効果的です。
香り付きの制汗剤も売られていますが、できれば無香タイプがおすすめ。

香り付きだと、体臭と混ざり不快な香りが発生してしまうからです。
また、臭いの元をケアすることも大切。

殺菌性の高い石鹸を使用して身体を洗うのもおすすめです。
ひじやわきの下、ひざ、足の指など汗が残りやすい部位も入念に洗いましょう。

石鹸が残ってしまうと、肌が荒れたり体臭の原因にもなりますので洗い残しにも注意が必要です。
特に今注目されている石鹸が「サントリーのプラス・デオ」です。

臭いの元に作用する有効成分が含まれています。
満足度も高い商品であることから、一度試してみる価値があるかもしれません。

プライベートはもちろん職場でも体臭ケアは一つのマナーです。
自分は気にならなくても、周りは不快に感じているかもしれない。

そういった意識を持ち、日々体臭対策を行っていくことをおすすめします。
日々の努力が、周囲によい影響を与えることにもつながるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする